ここに文章を入力してください

鼻の疾患


副鼻腔炎

症状】

● 鼻水

● 鼻づまり

● 頭痛、顔面痛

● 鼻の中に悪臭を感じる

● 匂いがわかりづらい(嗅覚低下)

 鼻水がのどに落ちる(後鼻漏)

● 痰や咳


副鼻腔炎とは、鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

昔は特に、副鼻腔に膿が貯まる副鼻腔炎を蓄膿症と呼んでいました。

膿が貯まるほどひどくない副鼻腔炎もあります。

副鼻腔とは、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞の4つです。

副鼻腔炎の原因は、細菌(風邪の後に生じることが多いです)、真菌(カビの一種です)

アレルギー性鼻炎(ハウスダストやダニ、花粉などが原因です)、虫歯など様々です。 

その原因によって治療方針が異なりますので、原因にあった治療が必要です。

また、年齢によっても治療方針が異なります。


【代表的な症状】

症状だけでは診断できませんが、以下の表が症状から推測される病気です。


急性副鼻腔炎

風邪のウイルス感染のあとに続く細菌感染が原因のことがほとんどです。

元々アレルギー性鼻炎をお持ちの方が風邪をひくと、急性副鼻腔炎になってしまうことがしばしばあります。

普段はほとんど症状がないアレルギー性鼻炎の方もたくさんいらっしゃいます。

急性副鼻腔炎になって初めて、アレルギー性鼻炎があることに気付かれる方も多いです。


【症状】

自覚されずに、痰や咳だけ感じている方もたくさんいらっしゃいます

 鼻水

 鼻づまり

● 頭痛、顔面痛

 ほおの圧迫感や違和感

 鼻の中に悪臭を感じる

 匂いがわかりづらい(嗅覚低下)

 鼻水がのどに落ちる(後鼻漏)

 鼻水がのどに落ちる事による痰や咳


※ 上記の症状が全て出現するという事ではございません。

中には、副鼻腔炎が中耳炎の原因となっていることもあります。

※ 最初はかぜのような症状でサラサラとした鼻水ですが、次第にどろっとした悪臭を伴う黄色や緑の鼻水に

変わってきます。この鼻水がのどにおちて、痰や咳の原因になることもあります。

※ 稀ではありますが、副鼻腔の炎症が目や脳に進むこともありますので注意が必要です。

副鼻腔炎の症状があるのに耳鼻咽喉科を受診せずに放置していると、視力が落ちたり、意識障害まで

生じることがあります。


治療】

急性副鼻腔炎診療ガイドライン(日本鼻科学会発行)に沿って、患者様のご希望やライフスタイルに

合わせて治療を行います。

  1. 鼻から副鼻腔にある鼻水をきれいにする処置

  2. 抗生剤が入ったネブライザー治療(※1)

  3. 内服薬の処方(抗生剤や副鼻腔の粘膜を正常化するお薬など)


(※1)ネブライザー治療:霧状の薬剤を鼻・口から吸入することによって患部に直接薬を当てるものです。

ネブライザーを行うことにより患部に効率よく薬を作用させることができます。

つまった鼻の通りを良くし、鼻汁を出しやすくしたり、鼻腔粘膜の腫れなどを鎮めます。